Deep Learning(ディープ ラーニング)は、ニューラルネットワークを強化したアルゴリズムになります。
この研究は、1940年代から始まっていて、非常に長い研究でした。
大きく前進したのは、GPUの登場です。
このディープ ラーニングには、いくつかの種類があります。
その中でも有名なものがCNN、RNN、LSTMの3つになります。

CNNは畳み込みニューラルネットワークと言われています。
画像に対して高いパターン認識能力を持っているという特徴があります。
RNNは、再帰型ニューラルネットワークと言われています。
音声認識や動画認識、自然言語処理などで使われています。
ただし、長時間のデータを扱うことは苦手です。
LSTMは長・短期記憶と言われています。
RNNが苦手としている長時間のデータを確実に読み込むことができます。
気象予報や株価の予想などを得意としています。

ディープ ラーニングは、ご家庭のパソコンでもいじることはできます。
例えば、M:CPPが提供しているGPUクラウドサービスなどを使えば、自宅にあるパソコンのスペックに関係なくディープ ラーニングを扱うことができます。
もちろん企業のオフィスにも導入しやすいと思います。
1つのハイスペックパソコンを交代で使用しているのなら、クラウドサービスを利用するのもおすすめです。