日本人として日本で生きていく上で、様々な法律や条例に従っていかなければいけません。
その中でも、一般的な人が一生に一度体験するであろうものが不動産との関わりです。
通常であれば、家やマンションを購入した時がそれにあたります。
家を取得することで、資産を自分のものとするのです。
しかし、これには自分自身が住処として使って行くものと、その購入したものを、他人に貸すことで資産運用をしたり、それを仕事として行っていく方法があります。
これを不動産投資といいます。
今の世の中では、なかなか給料が上がらずに、様々な副業をしたり、資産運用をすることで収入を増やそうとしている人が本当に多く存在しています。
インターネットが普及するにつれて、様々な手法での投資が可能となっています。
FXや投資信託はインターネットの普及、そしてネット銀行やネットで取引ができる証券会社が増えて格段に利用する人が多くなっています。
それでも、昔ながらの株であったり、家やマンション、土地の貸し出しや売買で儲けをだしている人もまだまだ多くいることは事実です。
不動産なび - 全国不動産情報検索サイト